腰痛を改善する|体の痛みに悩まないLIFE!

早めに治療を受ける

横になる女性患者

日本人の4人に1人は、がんの病気で亡くなる方が多いとされています。その中でも、大腸がんといった病気は、がんで亡くなる方の3番目に多いとされています。この病気は、男性よりも女性の方が、発症率が高いということが分かっています。臓器の一つとされている、大腸の役割としては、体内の水分を吸収して便を作る器官になります。この臓器が何らかの原因でがん細胞が発生し、大腸の壁に広がっていく病気を発症してしまいます。このことを大腸がんといいます。病気の進行スピードとしては、ゆっくり広がっていきますが悪化していくと、リンパや肝臓、胃腸など様々な所に移っていきます。大腸がんを発症してしまう原因としては、遺伝だけではありません。食生活の乱れ、運動不足、肥満、喫煙など生活の関わることが多いといえます。この病気を発症すると初期症状があります。血便や腹痛、おなかが張る、体重減少などがあります。この症状としては便に関するものが多いので、毎日の排便状態を把握していれば、早く気付くことができます。早めに大腸がんを発見していれば、治療でがん細胞を取り除くことが可能になります。

大腸がんは早期発見であれば100パーセントの確率で治せる病気になります。内視鏡で検査し、その後に治療を行なうことができ、その日で治すことができます。病気は発症しているのに治療を受けずに放置していると、どんどん悪化してしまい生存率が下がっていきます。また、早期治療より悪化した状態で治療を行なうと、完治するまでに時間が掛かりますし、時間や医療費用が倍以上に掛かります。大腸がんや他の病気を早く見つけるためにも、定期的な検診を受けておいた方が良いといえます。